活木活木(いきいき)森ネットワークより

国産割り箸の製造には間伐材を使用しています。

 

森の木を育てるためには、成長に合わせて一定の間隔で伐採して間引き、森林の中まで充分な光が届くように間伐する必要があります。

木を間伐する森づくりは、二酸化炭素をたっぷり吸収する元気な森を育てます。

 

「割り箸を使うのは環境に悪い」

「割り箸は森林破壊につながる」

 

そういったイメージで誤解されてしまうことも多いですが、割り箸は間伐材を有効活用した環境に優しいエコ商品です。

 

日本の森は、戦後植林された木が伐採適齢期を迎えていますが、未だその多くが使われないまま過密状態になっています。

 

当社はこれからも森林環境改善に貢献できるよう、総力をあげて取り組んでまいります。